利便性が良い

間取り図

東京都と言えば、23区と多摩地区では大きく利便性が異なります。このうち利便性が良いと言われているのは東京23区の方です。中でも人気があるのは中央線沿いになるでしょう。中央線と言えば、新宿や池袋そして東京駅方面に出るために乗り換えなしで行くことができます。そのため、昔から人気がある場所として知られています。また住宅地で上品なところもあることから、若い人に人気があるでしょう。東京23区の中でも、中央線の荻窪周辺は、若い人に人気がある場所として占めており、賃貸物件を借りる場合も賃料が高いところとして知られています。ただ、賃貸物件の賃料が高いと言う事は言い換えるならば、それだけ住んでいる住人の質が高いといえます。その場合も、トラブル等が少ない傾向にあるでしょう。

敷地や礼金の支払いがある

東京の荻窪で賃貸物件を借りる場合には、敷金や礼金のことをよく理解しておきたいところです。通常は、賃貸物件を借りる場合初期費用として敷金と礼金を支払わなければいけません。このうち、敷金は一定の条件を備えるが戻ってきますが、礼金の場合は戻ってきませんので注意しておきたいところです。ちなみに敷金が戻ってくる場合とは、部屋をきれいに使ってないです。新しく入居する人のために部屋の壁紙などを新しくしますが、このうちの1部を敷金から出すことになっています。ただ残りの半分は賃貸物件のオーナー渡すことになっています。残りの分は通帳に振り込まれることになりますのでもし退去するときには確認をしておきましょう。ただ最近は、マンスリーマンションなどのように、敷金や礼金が必要のないところもあります。

賃料はどれぐらいになるか

荻窪の賃貸住宅といっても、非常に様々な物件があります。築30年以上の物件ならば賃料はそれほど高くありません。例えば6畳のワンルームを借りる場合でも駅前以外ならば60,000円以内で借りることができるでしょう。賃貸物件の中でも築年数が古いところは、あまり人気がないため相対的に家賃が下がる傾向にあります。しかしながら、賃貸物件の築年数が古いからといって、必ず家賃が下がるわけではありません。なぜなら、リフォームをすれば新築と同じような雰囲気が違うことができるからです。新築の場合には、ワンルームの場合だと駅前を除いては60,000から70,000円位が相場です。駅前になるともう10,000円位は高くなると考えておきましょう。家族連れの3LDKのマンション等では、100,000円を切る事は滅多にありません。立地が悪いところでも100,000円ぐらいはする可能性が高いです。

広告募集中